チャットワークを用いた労務サービス

  • チャットワークを用いた労務サービス

コミュニケーションの新しい形

社会保険労務士法人リンクスでは、新しいコミュニケーションの形として、チャットワークを導入しています。

今までは、訪問して書面を提出しなければならなかったり、メールだとファイルが重くて送れなかったり、コミュニケーションコストが非常にかかるフローをチャットワークを導入することにより、迅速な連絡や対応が可能になりました。

当事務所の業務では、積極的にチャットワークを導入しています。

チャットワークで出来る業務

グループチャットを活用した業務連絡・報告

クローズドなメンバーでやり取りをしたい場合に、グループチャットを利用することで、安心して連絡を取り合うことができます。 各業務ごとにグループを分けることができるので、効率的にコミュニケーションを取ることができます。

ダイレクトチャットを活用したマンツーマンミーティング

緊急度の高い相談や、グループでは相談できないことなどはダイレクトチャットを行うことで、マンツーマンのコミュニケーションが可能です。

Chatwork Liveを活用したオンラインミーティング

「対面する必要はないが、顔を突き合わせて話したいこと」にはChatwork Liveを活用することができます。Googleのhang outやZOOMなど今主流のオンラインミーティングが可能です。

チャットワークを活用するメリット

アフターフォローの充実

今までは訪問でアフターフォローを行っていましたが、チャットワークを利用することでフォロースピードが高まります。これはクライアント様がお困りになられたときの対応としては重要なメリットだと考えています。

コミュニケーションコストの削減

チャットワークに切り替えることで、コミュニケーションコストの削減に繋がります。プロジェクトに関わる当事者は、個々それぞれの業務があり、まとまった時間を取ることが難しい場合があると思います。そういった悩みを解決することができます。

添付ファイルの煩わしさがありません

メールだと重たいファイルを送れずに、宅ふぁいる便やギガファイルなどのサービスを利用して、URLを共有して・・・と手間がかかること多いのですが、チャットワークではそういった煩わしさがないので、情報共有もスムーズになります。

対面では話しにくいことも相談できる

面だと他のメンバーがいて話しにくいことの相談を受け付けることができます。弊社のサービスですと、人事評価構築など働き方改革の推進を行うと、センシティブな情報が増えるので、そういった場合にもチャットワークは有効活用できます。

今後もクラウドサービスを増やしていきます。

現在はチャットワークを利用していますが、企業によってはSlackなどのチャットツールが良いという企業もあると想います、順次対応していきますので、ご相談の際にはお気軽にお申し付け下さい。

チャットワークで相談や業務依頼をお考えの方は下記よりお問い合わせ下さい。

問い合わせフォームはこちら